コロシアム
"コロッセオがある限り、コロッセオが落ちるときにローマがありますが、ローマも落ちますが、ローマが落ちると世界は落ちます"

ローマの春の再開とイベント
夜のコロッセオ
夜はライトアップされて人が少ないと、コロッセオは不思議な雰囲気に包まれて驚異的で、毎年夏の間はコロッセオの地下室やアリーナフロアを訪れることができます。夜でも、閉店後、その日の大勢の人がいなくなったとき。
訪問者はコロッセオの地下室のトンネルと通路の迷路を横断します。そこではショーの準備が行われ、ケージに閉じ込められた獣がエレベーターに積み込まれ、血まみれの狩猟シーンのためにアリーナの床に到着します。 。
アリーナフロアでは、170メートル以上の歩道を渡り、モニュメントの腸を眺めることができ、夜の恵みで、それらの空間を包み込む雰囲気を存分に味わうことができます。
2022年の夏、エルサレムの街の理想的な景色を描いた17世紀の壁画のマルチメディア読書が、剣闘士と獣がアリーナに対峙して入った勝利の門の下部のアーチに配置されました。 。


営業時間
3 月の毎週土曜日と、2023 年 4 月 6 日からの木曜、金曜、土曜は夜間にコロッセオを訪れることができます。
ガイド付きツアーは最大25人のグループで約1時間続きます


MMDCCLXXVVIIーマの年2023年4月21日、ローマ
ローマのクリスマスは、ローマが紀元前753年にロムルスが都市を設立したという伝統を尊重して、4月21日に設立を祝う日です。 パラティーノの丘の上。
名前 Rome は、テベレの名前に関連するエトルリア語の単語 Rumon に由来すると想定されていますが、別の仮説では別の単語エトルリア語から派生しています Ruma は、双子と女狼の歴史に関連する「胸」を意味します。
ローマで最初にクリスマスを祝ったのはクラウディウス皇帝で、紀元47年、市の創立日から約800年後、何世紀にもわたって他の多くの人々が続きました。
そして今日でも、この街の伝説的な起源に魅了されたすべてのローマ人や観光客のための重要なアポイントメントのための展示会、パレード、遊び心のあるイベントなど、多くのイベントが4月21日に行われます。


市立バラ園を開く2023 年 4 月 21 日以降、ローマのディ ヴァッレ ムルシア経由
4 月 21 日、ローマで最もロマンチックな庭園の 1 つも門を開きます。
1,000 種類以上のバラの花が色と香りの勝利を収め、自然と場所によってすでに魔法のような場所をさらに貴重なものにしています。

バラ園は 6 月まで毎日開園し、5 月中旬からはプレミオ ローマ コンペティションのエリアも一般公開され、コンペティションで新種のバラを見ることができます。

入場は無料です。 完全無料


緑と風景の祭典 20232023 年 3 月 31 日から 4 月 2 日まで、Auditorium Parco della Musica, Viale Pietro De Coubertin, 30
都市の緑化と都市景観に捧げられた今年のイタリア最大のイベントは、20,000 平方メートルを超える展示エリアで非常に豊富なプログラムで XII エディションに達します。
季節ごとに地元で持続可能な方法で生産された植物に加えて、屋外用家具ブランド、ファブリック、アクセサリーからの高度な職人技と前衛的な提案、およびワークショップを備えた子供向けのグリーン スクール、子供向けガーデニング、技能試験、生物多様性の魔法を学ぶための探索などがあります。
時間 : 10.00 から 19.00 まで




フェスティバル オブ ザ イースト 20234 月 22 日土曜日から 2023 年 5 月 1 日月曜日まで、Fiera Roma, Via Portuense, 1645
東洋の土地の色、音楽、香りに心を奪われてください。
日本、インド、ベトナム、フィリピン、韓国、チベット、タイ、モンゴル、中国、スリランカ、インドネシア、カンボジアなどからのアーティストと共に、10.00 から 20.30 までイベントのステージで中断なく行われる数十のエキサイティングなショー その他の国は検討中です。
獅子舞、和太鼓コンサート、インドとスリランカの伝統舞踊、エキサイティングなボリウッド ダンス、日本のオペラ、インドの歌、モンゴル音楽のコンサート、茶道、着物の着付け、魅力的な武術、中国の仮面、東洋の魔法など、たくさんあります。 文字通りあなたを言葉を失う一連の感情のための他のショー!
そして、日本、中国、インド、タイ、チベット、ベトナム、韓国、インドネシア、スリランカの屋台の食べ物やレストランが立ち並び、見逃せない美食体験をお楽しみいただけます。


2023 年日本庭園の開園3 月 23 日から 5 月 25 日まで、Istituto di Cultura Giapponese, Via Antonio Gramsci, 74
ローマ日本学院の庭園が一般公開される。 著名な建築家、中島健氏(イタリアで最初の建築家)によって造られた池、滝、岩、小島、橋、庭園など、泉園様式の庭園の本質的かつ伝統的な要素がすべて庭に現れています。 石灯、灯籠。
存在する植物の中には、桜の木、藤、アヤメ、ドワーフ パインがあります。
jfroma.it で予約すれば入場無料


 

il-Colosseo.it S.r.l.
P. IVA: 14810651001
全著作権所有
クッキーの使用に関する情報
個人情報保護方針