コロッセオ
"コロッセオがある限り、コロッセオが落ちるときにローマがありますが、ローマも落ちますが、ローマが落ちると世界は落ちます"

パンテオン











「古代ローマ時代の最も美しい遺跡」。 作家スタンダールが初めてパンテオンを見たとき、このように考えました。
パンテオン(すべての神々の神殿)は、紀元前 27 年にアウグストゥスの娘婿、マルクス ヴィプサニウス アグリッパによってすべての神々に捧げられた神殿として建てられました。 その後、西暦 80 年と 110 年の火災の後、西暦 118 年から 128 年の間にハドリアヌス帝によって再建されました。 以前の建物にダメージを与えたものです。
7 世紀初頭にキリスト教の聖堂に改築され、殉教者サンタ マリアという名前が付けられました。 古典ローマの建物に対して行われた略奪からほぼ無傷で生き残るために。
キャンパス・マルティウスの中心部に位置するパンテオンは、エンジニアリングの傑作であり、高さ 43.44 メートル x ドームの直径 43.44 メートルの正確な球体に刻まれており、現在世界最大のドームであり、サン・ピエトロ大聖堂 ( 42.52 m)とイスタンブールのアヤソフィアのドーム(41.47 m)。
床は側面に向けてわずかに凸状、中央が凹状となっており、ドーム上部の眼輪を通って神殿内に降った雨が中央にある22個の水抜き穴に向かって流れるようになっています。
ファサードのフリーズにはブロンズ文字でアグリッパの碑文が刻まれています: M AGRIPPA L F COS TERTIUM FECIT、これは「マルコ・アグリッパ、ルキウスの息子、三度目に建てられた執政官」を意味します。
パンテオンには、ラファエロ サンツィオからアンニーバレ カラッチ、ヤコポ バロッツィ ダ ヴィニョーラから音楽家アルカンジェロ コレッリに至るまでの著名な芸術家の墓が多数あり、さらには初代イタリア国王ヴィットリオ エマヌエーレ 2 世とその息子サヴォイア王ウンベルト 1 世の墓もあります。


伝説と珍品

  • パンテオンのドームは完全にコンクリートでできており (これまでに建設された中で最大のもの)、立つためのフレームはありません。 骸骨を支えるために、ハドリアヌスはパンテオンに金貨を混ぜた土を詰めさせ、工事が完了すると、土を持ち帰ってコインを保管するようローマ市民に呼びかけたと言われています。 このようにして実際に群衆が増え、パンテオンは瞬く間に空になりました。
  • 毎年、ペンテコステの日に、マドンナと使徒たちへの聖霊の降臨を記念して、眼球から赤い花びらが降り注ぎます。
  • 毎年 4 月 21 日の正午、太陽光線がオキュラス (天井にある唯一の窓) から記念碑に入り、入り口のドアを完璧に縁取ります。 ハドリアヌス帝は、紀元前 753 年 4 月 21 日に生まれたローマに敬意を表して、このようにパンテオンを設計しました (2000 年前!!)。
    入場時間: パンテオンは毎日 9:00 から 19:00 まで開館しています (最終入場は 18:30)。


    チケット入場
     
    入場券 + 音声ガイド
     
    ガイド付きツアー

  •  

    il-Colosseo.it S.r.l.
    P. IVA: 14810651001
    全著作権所有
    クッキーの使用に関する情報
    個人情報保護方針